社長目線の社員教育なら モチベーション・アップ株式会社

社長目線の社員教育なら モチベーション・アップ株式会社
トップページ
社員教育ポスター®
マンスリー教育ポスター
マンスリー営業ポスター
15分でしっかり勉強DVD
全国縦断セミナー
禅寺道場
社員教育読本
代表桑島と丸田の講演CD。
会社の歩み/地図
お問い合わせ
プライバシーポリシー
 
全国縦断セミナー
セミナー一覧へ戻る
 
[東京開催]これまでの総受講者数7,147人中、7,118人が「受講してよかった!」と大好評!できる管理者になる5つの急所
セミナー内容
序論:あなたが、給料を払う社長の立場であっても喜んで自分を採用する!と胸を張って言えるか?
(1)あなたの日給や時給を計算してみよう!
(2)その3倍を稼げる人が、会社に貢献している管理職だ!
(3)「そんな自分を採用しない」あなたへ・・・
     「その時給はちょっと高いなと思う」あなたへ・・・
     「そんな自分を喜んで採用すると胸を張って言える」と今は言えるあなたへ・・・
急所1:できる管理者は、報告連絡相談に信頼がおける!
(1)まずは、あなたが、報告連絡相談の10の原則を、きちんと理解しているか?
(2)気が利いた報告ができているか?
     社長や上司から「あの件、どうなってる?」と聞かれていないか?
(3)悪い報告が遅くなっていないか?
     悪い報告以上に大事な「もしかしたら相談」を避けていないか?
急所2:できる管理者は、部下をきちんと叱っている!
(1)何を叱るべきなのか?その基準とは?何をほめるべきなのか?その基準とは?
(2)なぜ?多くの管理者が叱れないのか?その4つの理由を自覚して、克服せよ!
(3)こう叱る7つのポイント。こう叱ってはいけない3つのポイント。
     叱れる自分になる4つのポイント。
急所3:できる管理者は、段取りと時間の使い方がうまい!
(1)毎日毎日忙しいと残業してるのに、飲み会がある日は、なぜ7時に仕事が終わるのか?
(2)社長や上司の指示は、大雑把で当たり前。段取りを完璧にする6つの視点とは?
(3)今日から実践できる!
     部下の力量や性格に応じて、指示の仕方を変える3つの方法とは?
(4)自分が成長しなくちゃ、部下が成長するはずがない!
     早くも上がっていないか?自己啓発しているか?
急所4:できる管理者は、作業でなく、問題解決している!
(1)言われたことだけをやっているなら、管理職としての存在価値はない!
(2)困っていることが問題なのではない!
     テストで70点だった。さて、これは問題?問題でない?
(3)19の改善視点を使って、毎週毎週、社長や上司に、改善提案できるようになる方法とは?
急所5:できる管理者は、物事のとらえ方が全く違う!
(1)なぜ目標は高く設定しないといけないのか?
(2)なぜ計画をきちんと立てないといけないのか?
(3)なぜ難しい仕事に取り組まないといけないのか?
(4)前向きでない会社批判や上司批判を繰り返していないか?
【宿題】帰社後、“私の3つの目標”シートを提出して、必ず社長に報告すること!
 
社長が強く求める管理職像を一番良く理解している私が熱意を込めてお話します! モチベーション・アップ株式会社 代表取締役社長 桑島克憲
 
日時 平成29年10月27日(金) 13:30〜17:00
対象 取締役・部長・次長・課長(候補)
会場 京王プレッソイン池袋 (JR池袋駅東口より徒歩4分)
受講費 2万9千円(税込・テキスト代含む)
 
 講師:モチベーション・アップ株式会社  代表取締役  桑島 克憲(くわじま かつのり)
   1964年宮城県仙台市生まれ。早稲田大学卒業後、大手コンサルティング会社に入社。9年間の在籍中に、営業・研修講師の経験を積む。
   コンサルタントではなく、現場に入り込んで新規事業を立ち上げたくなり、ファッションメーカーの新規事業責任者として転職。2年目で黒字化。計4年半かけて全国に事業展開を行う。
   その後、人材総合サービス会社に取締役として入社。次々に新規事業を立ち上げ、成長させ、6年間の在籍中、10数名の会社から100名の会社に発展させる原動力となる。
   事業を発展させるのは、緻密な経営戦略はもちろんのこと、現場の社員に仕事の基本(前向きな考え方、仕事に取り組む基本姿勢、シンプルではあるが効果的なやり方)を徹底することの重要性を実感し、若手社員の育成に注力し、大きな成果をあげる。
   その後、独立。平成19年2月より現職。
 
このセミナーを受講された受講者の感想の、ほんの一部をご紹介します

■常日頃、上司から言われていることを、改めて聴き、心が奮い立ちました。一つずつ、実行していきたい。    (卸売業・チーフマネージャー)

■これからは、社長に聞かれる前に報告します。    (サービス業・事業部長)

■自分の人件費を考えながら、毎日の仕事に取り組んでいく。    (製造業・工場長)

■今日から始められることばかりで、来てよかった。    (サービス業・若手社員)

■管理職としての自分の価値を高めるために、他の者が嫌がる仕事、できない仕事に取り組んでいこうと思います。    (建設業・課長)